開発環境にお勧めの「Cloud9」 その②

235月 - による Na - 0 - デザイン

こんにちわ、少し日が経ってしまいましたが、Cloud9についての第二回を書いていきます。
登録方法は前回の記事をご覧ください。
それでは今回はCloud9の使用方法について書いていきます。

Cloud9の使い方

03
こちらがワークスペースです。
赤い丸が表示されている所がワークスペースの作成で、ここからHTML5やワードプレスを導入する事が出来ます。
作成後のコンテンツは画像に見えている通り、横に並んでいく形になります。

04
「Create a new workspace」をクリックするとこの様な画面が現れます。
入力するところは一番最初の項目「Workspace name(プロジェクト名)」のみで問題ありません。
画像中央にあるPrivateとPublicは非公開/公開を選べます。

05
次にテンプレートを選びます。
メジャーな物は殆ど入っており、ワンクリックでテンプレートから編集が行えるようになります。
今回は無難に「HTML5」を選んで作成しました。

06
さてさて、こちらが実際の開発環境です。
ローカルからファイルをアップロードする場合は、左サイドバーに見えるフォルダにドラッグするとアップロードが出来ます。

英語ばかりで慣れないかもしれませんが、無料の開発環境としてはこの上ないサービスに思います。
環境が無い場合には是非取り入れてみてください。