今さら人には聞けないリスティング広告講座 ~第1回リスティング広告ってなーに?~

274月 - による suzuki - 0 - リスティング広告

4月になり、新入社員や異動などがあって、急に「マーケティング担当」になって
「リスティングやってみて!」なんて上司に突然言われてる方いませんか?
実はラブクリエイティブメディアにもいるんですwww

そんな方にもわかりやすい、今さら人には聞けないリスティング講座を
私、マスターSUZUKIがお送りしていきます。

第1回めの今回はリスティング広告とは何かということを説明いたします。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索エンジン(GoogleやYahoo!など)でユーザーが任意のキーワードで検索した時に、その検索結果に連動して表示される広告の事です。
具体的にどのように表示されるかというと
例えば、Googleで「新宿 賃貸」で検索をしてみます。
そうすると下記のような表示になります。

listing_vol1

URLの前に黄色い四角で「広告」と書かれた項目が4つほど最上位に表示されます。
これがリスティング広告枠です。

ほかにも下のほうにスクロールすると同じように黄色い四角で「広告」と書かれた項目が最下位に表示されていますが
こちらもおなじ枠になります。

今まで「リスティング広告」という言葉を知らずに検索結果の最上位に表示されていた広告を
クリックしていた方も多いのではないでしょうか?
よく「SEO対策」が大事といわれますが、それはもちろん大切ではありますが、
そのSEO対策をがんばって1位に表示させるようになったサイトよりも
上位に表示されるのがリスティング広告です。

リスティング広告のメリット

リスティング広告にはいくつかのメリットがありますが、
そのなかでも特に影響の大きい5つのメリットをご紹介いたします。

サイトへのアクセス増加

もちろん、どんな広告でも大なり小なりサイトへのアクセス数は増加するでしょう。
ただ、サイトへのアクセスのなかで特に重要なのが「新規顧客」。
リスティング広告は検索結果に連動して表示されますので、
その「新規顧客」を獲得するのに優れた広告ということがいえます。

購買意欲の高い顧客の流入を呼び込める

普通の広告と異なり、任意のキーワードを検索したユーザーに表示されるので
購買意欲が高い人を呼び込むことが可能です。
たとえば「新宿 賃貸」で検索した人は
おそらく、新宿で賃貸住宅を探している人がほとんどであることは推測できます。
これが、もし「新宿」だけなら新宿でおいしいご飯を食べられるお店を探している人なのか?
新宿で映画館を探している人なのか? 新宿で就職先を探している人なのか?
などいろいろな人が対象となってきます。そういった人は購買意欲が無いので顧客には成りませんよね。
リスティング広告なら本当に購買意欲が高いユーザーのみを対象に配信することが可能です。

費用を抑えることができる

リスティング広告の費用は(クリック数)×(入札金額)で決定します。
つまり、サイトにアクセスがあったときにはじめて費用が発生します。
成果があがらないままに費用だけ発生することがないので非常に手をだしやすい広告形態です。
また、費用の合計金額に上限を設定できるので顧客が流入しすぎて莫大な費用が発生するということもありません。

細かい設定が可能

リスティング広告では広告の細かい設定が可能です。
・広告を表示する地域の設定
・広告を表示するデバイスの設定
 → PC・モバイル・スマートフォン・タブレット型PCなどで区分できます。
・時間・曜日帯の設定
例えば、BtoBの広告ならば土日に配信してもあまり意味がありません。
その分、平日に予算を回すことも可能です。
また、来店が目的とした広告なら、商圏というものが限られてきますので、
東京の飲食店が北海道で広告を配信しても意味がないので、
商圏に限って広告を配信することが可能です。

成果の検証がしやすい

リスティング広告は、広告が表示された回数、クリックされた回数、キーワードごとのクリック率、かかった費用、費用対効果などのデータ収集や効果測定が可能なので、データを分析しながらより効果的な運用が可能となります。
ですので、どのキーワードがより効果があがっているのか確認し、注ぎ込む費用を再設定し、今、あなたのサイトに最も適したキーワードを常に考え設定しなおすことができます。

次回以降から、より具体的なリスティング広告の設定・運用方法を解説していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です