GWにおススメの美術展・展覧会

284月 - による suzuki - 0 - オフ企画

今年のゴールデンウィークのご予定はお決まりでしょうか?
大型10連休を取られる方もいらっしゃるかもしれませんが、
暦どおりなら3連休、3連休、2連休という飛び石連休の方も多いのではないでしょうか?
そうなると遠出はちょっとしんどいけど、リフレッシュしたいなぁ。
子供を楽しませたいなぁ~。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方々におススメの美術展をご紹介したいと思います。

スタジオ設立30周年記念 ピクサー展

http://pxr30.jp/
2016/03/05(土)~ 2016/05/29(日)
東京都現代美術館
『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』などを世界に送り出したピクサー・アニメーション・スタジオ。
2016年にスタジオ設立30周年記念を迎える。
世界巡回展でもある本展では、世界初のフルCGアニメーション映画『トイ・ストーリー』から最新作『アーロと少年』まで、映画制作の源となったアートワーク約500点を一挙公開しています。
ゴールデンウィークは元々映画業界の言葉、このGWに映画をより深く知ることのできる展覧会は一見の価値ありです。

GAME ON~ゲームってなんでおもしろい?~

http://www.fujitv.co.jp/events/gameon/
2016/3/2(水)~2016/5/30(月)
日本科学未来館
1970年代に登場し大ブームを巻き起こした「スペースインベーダー」などから最新のゲームまで150タイトルを一堂に集め、実際にゲームをプレイしながらさまざまな角度から「ゲームがおもしろい理由」に迫る企画展。最新のゲーム機『プレイステーションVR』も体験できます。

大正時代の「かわいい」 展

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yumeji/exhibition/now.html
2016/3/31(木)~2016/6/26(日)
竹久夢二美術館
海外でも近年高く注目される「Kawaii(かわいい)」ですが、大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二(1884-1934)は、自身がデザインした小物を大正時代に“かあいい”という言葉を用いて紹介し、暮らしや装いにいち早く彩りを添える仕事に才能を発揮しました。今から100年前に夢二が発信した「かわいい」を集めて広く展示紹介するとともに、大正時代を中心に夢二が展開した「かわいい」の役割についても考察していきます。

旅するルイ・ヴィトン展

http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/heritage-savoir-faire/tokyo-expo?campaign=sem_GG-JP-JPN-SH-BRAN-BREX#/home
2016/4/23(土)~2016/6/19(日)
東京都千代田区麹町5丁目特設会場
「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)展では、創業者一族のアーカイヴから今日のルイ・ヴィトンを創り上げる人々にいたるまで、1854年から現在までのルイ・ヴィトンの壮大な軌跡を辿る旅をお楽しみいただけます。

REVALUE NIPPON PROJECT展 中田英寿が出会った日本工芸

http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160409/
2016/4/9(土)~2016/6/5(日)
パナソニック 汐留ミュージアム
元サッカー日本代表、中田英寿氏が引退後続ける活動のプロジェクトで生まれた作品を展示しています。中田氏自らも広報活動を行い、日本の工芸の魅力を広く伝えています。新たな刺激を受けた工芸家たちの技術力の高さと、作品の美しさを改めて実感することができます。

ながさわたかひろ『に・褒められたくて』刊行記念作品展

http://www.1242.com/lf/articles/3203/
2016/5/2(火)~2016/5/5(木)
森岡書店
鬼才「ながさわたかひろ」が2006 年から取り組んできた連作「に・褒められたくて」をまとめた一冊。
今回は本の販売と同時に、本で掲載した版画の一部を展示・販売するとのこと。本で見るだけでは伝わりきれない、迫力ある版画の貴重な展示の機会です。もちろん観るだけでも大歓迎!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です