グーグルのアルゴリズムについて調べてみた。

156月 - による Na - 0 - SEO

検索結果とアルゴリズムの話

今回紹介するのはアルゴリズムのお話です。
Googleには幾つかのアルゴリズムが組み込まれており、
「何をどうしたら評価が上がる」「あれを行うと評価が下がる」と言ったものが明確にされています。

これらはSEOを意識する上で重要な役割を持っており、WEB制作者であれば基礎的な知識とも言えます。
さて、今回は二つのアルゴリズム「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」について紹介します。

パンダアップデート

パンダアップデートとは、2012年7月に導入されたアルゴリズムで、品質を評価するアルゴリズムです。
主に質の低いコンテンツに対し評価を行い、これらのコンテンツが検索結果の上位に表示されにくくする為のアルゴリズムです。
このアルゴリズムの評価されている点は以下の通りです。

・内容が充実していない。
・内容が他のサイトの文章と全く同じ。
・専門性、独自性が低い。
・外部サイトからのリンクが無い。

上記に書かれている事を踏まえた上で記事を書く事をお勧めします。

ペンギンアップデート

ペンギンアップデートは、2012年4月に導入されたアルゴリズムで、
ウェブマスター向けガイドラインに違反しているページに対し検索結果の評価を下げるものとされています。
また、スパム行為を行っているサイトにも同じ評価が行われており、言い換えると、悪質なサイトの評価を下げるアルゴリズムです。
ガイドラインに違反している項目は以下の通りです。

・不正なリダイレクト
・誘導ページ
・コンテンツの無断複製
・リンクプログラムへの参加
・コンテンツの自動生成
・付加価値のないアフィリエイトサイト
・悪意のある動作を伴うページ
・リッチスニペット マークアップの悪用
・隠しテキスト、隠しリンク

上記は、ウェブマスター向けガイドラインに書かれていた物で、当てはまると評価を下げる原因となります。

これらのアルゴリズムの覚え方

・パンダアップデート
 →品質を評価する事と、希少動物であるパンダから掛け合わせて覚える。
 パンダ→高品質→質を評価→パンダアップデートの様に。

・ペンギンアップデート
 悪質なサイトを評価する事から、ペンギンの口ばしで突っつくイメージから覚える。
 ペンギン→突っつく→悪質なサイトを除外→ペンギンアップデートの様に。

以上でアルゴリズムのお話を終えます。