メールやLINEの返信が遅い人は…

58月 - による suzuki - 0 - トレンド

「一流の育て方」というビジネス書で注目を浴びたムーギー・キム氏の著書が7月末に発売された。
最強の働き方」という本で、世界中の優秀な人の特徴、
また、それと対比するようにダメな人の特徴を記した書籍である。

その中で、注目すべきは「仕事ができる人、できない人の差」で真っ先に思い浮かぶのは、
なんといっても「メール返信のスピードの違い」という一文である。

たかがメールと侮るなかれ、実は「メール1本」に、「ありとあらゆる仕事能力」が如実に反映される。

メールの返信が遅い人は仕事の進捗も遅れがちな傾向にあり、
どんな仕事でも後回しにする傾向がみられる。

逆にメールの返信が早い人は、一事が万事で何事も前倒しに進める傾向にある。

もう一つメールで伺いすることができるのが、相手への敬意や配慮である。
返信が遅いと「軽視されているのかな」という不安を抱くこともあるし、
無視をされると「失礼な人」という印象を相手に与えてしまうだろう。

メール以上に気を付けなくてはいけないのはLINEである。
メールなら多少遅れても、今は返信できない環境なのかな?
と、相手も配慮することがあるだろうが、LINEの場合は「既読」になるので、
読んでおいて無視をすることほど「失礼」なことはないだろう。

小さなことひとつひとつが、自分に対する相手の感情や評価を大きく左右するということを
認識している人こそメールの返信が早いと言えるだろう。

メールの文章が長い人は返信が遅くなる傾向があるので、
ここも文章力が試されるところでもある。
短い文章にいかに要点をまとめ、いかに早く返信するかが
メールのやり取りではもっとも重要なことであると言えるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です